• 奥日光小西ホテルの宿泊プラン一覧

奥日光小西ホテル季節のおすすめエリア

スノーシューツアーレビュー 2016-02-28
ネイチャーツアーのヘビーリピーターさんが、スノーシューツアーのレビューを書いてくださっていました。


ツアーの内容は、お客様のリクエストや雰囲気(および、その時のガイドの気分?)などで変わっていきます。

今回は常連の方なので、かなり砕けた雰囲気になっていますが、ツアーのイメージは伝わる・・・でしょうか?

生憎と今年は雪の少なさと、ガイドの予定から今後のスノーシューツアーは殆どお受けできないのですが、グリーンシーズンも色々とツアーを行う予定でおりますので、『楽しそうっ!』と思われた方は、まずはお問い合わせください。

なお、その後もしばらく当ホテルまたは奥日光に関連した記事が美しい写真と共に続きます。



out of curiosity #2 (Layla様)
春の陽気の阿世潟スノーシュー
日光東照宮へ行こう! 2016-02-28
日光東照宮がなぜ人気があるのか?

はい、もちろん世界遺産でもありますし、徳川家康公由来の神社ですから人気があるのはわかります。でも、もっと他に人気の秘密があるのでは?
・・・と調べてみると、どうも強力なパワースポットであるらしいのです。

日光東照宮と東照宮から二荒山神社へ抜ける参道、そしてなんと、奥日光の三曝と言われる、華厳滝、竜頭滝、そして、湯滝もパワースポットでした!!

仕事運、上昇運、恋愛運、生命力アップ、ストレスケア・・・などなど。
多くの人が訪れる理由はこれだっ!と、勝手に思っております。
(私も行ってみたいですもの)

日光駅で降りて、東照宮と二荒山神社を回って、華厳、竜頭、湯滝を訪れて・・・そうです!山を上へ上へ登っていくわけです。そして到着地、小西ホテルで温泉!

これ、最高じゃないですか!

というわけでそんなことを紹介したページを作りました。
(東京在住WEB担当:ナッツ)

http://www.okunikko.co.jp/nikko/index.html
関本平八展 2016-02-27
2/20から日光自然博物館で関本平八展が始まりました。



と、言われたところで(誰??)という感じではないかと思いますが、この方は栃木県で初めての【栃木県植物総覧】という維管束植物リストを作成した、栃木県の植物学上偉大な功績を残された方です。

維管束植物とは維管束を持つ植物で…ざっとイメージするなら、いわゆる「植物」の事。

展示はその関本平八氏の功績に始まり、植物の構造、観察のポイントなどの要点を記し、その植物から自然保護へと啓蒙する流れになっています。

また、氏の採取した貴重な標本類も展示されています。

来るべき春から秋にかけて、様々な花々、植物を奥日光では観察する事が出来ます。
一足早く、観察の準備を始めてみませんか?

企画展は5月8日までです。

http://www.nikko-nsm.co.jp/
春雪の後 2016-02-25
昨夜は宇都宮付近から降雪。
一夜明けて、今朝。

日光駅付近で綻び始めた梅の花が、真っ白な雪帽子が被っていました。

日中は気温が上がったので、雪自体はすぐに融けて行きましたが、道路などには所々雪が残る場所もあります。
車でお越しの際には、スタッドレスタイヤをお忘れなく。

・・・残念ながら、今回の降雪、奥日光にはまるで降ってくれませんでした。(β)
昔の日光の写真展 2016-02-24
現在、上今市駅に併設されている杉並木公園ギャラリーにおいて、
「日光古写真&文星芸大生作品展」が開催されています。

昔のいろは坂の写真や、明智平のケーブルカーからの景色、また大水で流されてしまった旧跡大日堂など、明治初期頃からの様々な日光の写真が展示されています。

合わせて、文星芸大の方たちが奥日光に幾度も通い、そのインスピレーションから作成した奥日光の色々なデザインも展示されています。

杉並木公園には大きな水車があったり、そのすぐ裏手は土道で杉並木が残っています。
写真と景色とで、昔の日光・奥日光に思いを馳せてみてはいかがでしょう?

期間:2016年2月23日(火)から29日(月)

https://www.facebook.com/NikkoFanbook/posts/1754419988122558
雨のち晴れ 2016-02-22
土曜日の湯元は夕方から雨。
夜にはバシャバシャと降り続き、一週間前の嫌な記憶(雪灯里が全て融けた・・・)が蘇ったのですが、今回は無事耐えられたようです。

但し、足元が画像でも判るくらいにテカテカカチカチになってしまったので、夜のライトアップを見に行く際は滑り止めなどをご使用になる事をお奨めします。

雪灯里のライトアップ点灯は、2/27(土)夜までの予定です。(β)

古い記事へ→