奥日光小西ホテル

奥日光小西ホテルの歴史

150年の歴史

その発生は約150年前、小西喜一郎が日光東照宮を造るために漆塗りの職人しとて日光に在住し、その邸宅に侍などを泊めているうちにいつしか宿屋になったと聞いております。現在の奥日光小西ホテルの会長、小西喜雄は4代目です。JR日光前に小西支店は今もあり、おみやげ屋・売店として今も営業を行っております。

昭和30年代、現在の4代目会長小西喜雄が有限会社として小西旅館の営業開始いたしました。白黒の写真を見つけましたので、載せてみました。

小西旅館本館の前には日本交通公社があり、日光の宿屋の手配をしておりました。横は足利銀行日光支店があります。

小西旅館別館の写真です。現在は奥日光小西ホテルの姉妹店にあたる「星の宿」となっておりますが、その昭和39年頃の写真です。

現在の奥日光小西ホテルは1976年(昭和51年)6月に新築し、株式会社奥日光小西ホテルとなりました。

予約検索

  • 宿泊日
  • 泊数
  • 部屋数/合計 部屋
  • 男性: 名様
  • 女性: 名様
  • 子供1: 名様
  • 子供2: 名様
  • 幼児(食事・布団付き): 名様
  • 幼児(食事のみ): 名様
  • 幼児(布団のみ): 名様
  • 幼児(食事・布団不要): 名様
宿泊プラン御予約