日光市街地が見頃です。

今日は朝から市街地で会合がありました。
その合間に、メルマガでご紹介をした紅葉のスポットを一部撮影してきました。

こちらは浄光寺。
田母沢御用邸からほど近いところにあります。
山門の前の紅葉が見事で、お寺の中には、日限地蔵と呼ばれるお地蔵様がいらっしゃいます。
このお地蔵さまは、日時を限って願い事をすると叶えてくれるのだとか。

こちらは華蔵院と呼ばれる宿坊の横にある坂。
明治の館から小杉放菴記念美術館に向かう途中にあります。

日光観光の定番、東照宮の表参道も色づいています。

この週末は、市街地では日光そばまつりが、華厳滝では史上初のライトアップが行われます。
 
様々な楽しみ方が出来ますので、チェックイン前、チェックアウト後にお立ち寄りになってみてください。

日光そばまつり

華厳滝ライトアップ


峠越えにはご注意ください。

昨日から奥日光では、山に白いものが見られるようになりました。

一夜明けて、今朝。

群馬県との県境、関越道沼田ICとを結ぶ金精道路は、

除雪をなされた痕がありました。

そして、トンネルを越えた群馬県側では、雪が横に吹いているような状態。

トンネルを挟んで栃木県側と群馬県側では天気が大きく変わります。

これからの季節、山にこんな雲がかかっていたら、峠は雪かもしれません。
 
11/12現在では、日光から湯元までの道中に路面の心配はありませんが、今後の天気予報には十分ご注意ください。

低公害バスの区間が変わります。

3連休中は多くのお客様がご来館下さっています。
いろは坂は渋滞をしているようですが、この連休が過ぎれば、通常は走行に支障が出る事はないです。

さて、そんな最中、ご依頼があって常連様とツアーに出かけてきました。

まだ紅葉の残る中禅寺湖、千手が浜周辺を散策したり、

湖畔でのんびりしたり、

小田代原に戻ってから

北戦場でまったりとしたり。

秋から晩秋の奥日光を満喫頂けたようです。

今回のツアーでは、赤沼から出ている低公害バスを使用しましたが、11/5から運行区間が一時的に変更になります。

変更前:赤沼~石楠花橋~高山入口~小田代原~西ノ湖入口~千手ヶ浜の往復
 
変更後:赤沼~石楠花橋~高山入口~小田代原の往復

これからの時期は、オオワシやオジロワシが飛来して、バードウォッチングの方には人気の季節ですが、今年はオアズケのようです。

詳細はこちら

日々紅葉が進んでいます。

通勤の車内からの眺めが日々変わっています。
前日とはまるで色が違うと感じられ、通勤ドライブも楽しい季節です。
ただ、今年は生憎、なかなか秋晴れに出会えないのですが。。。

でも、そんな日の方が美しい眺めを楽しめる、そんな場所もあります。

例えば竜頭滝。
ここは日差しが当たると、色が鮮やかにはなるのですが、日が当たっていない所は真っ黒で見えなくなってしまいます。

例えば、中禅寺湖の南岸。

例えば、半月山第二駐車場からの足尾方面の眺め。

10月の最後の週は天気予報が良いようですが、週末たとえ日差しが見えなくても、是非観光をお楽しみください。

その時にどこが良いかは、是非お問い合わせを。
お運びをお待ちしております。

竜頭滝紅葉見頃

昨日は朝から好天の中で、小田代原ツアーをしてきました。

つい小田代湖に意識を奪われがちですが、周辺の山々も【下から】色づいてきています。
鮮やかな紅葉も美しいですが、この色の移ろいもまた良いものです。
 
ツアーを終えたら、幸い曇天となっていたので竜頭滝へ。

色づきが進み、ほぼ見頃と言ってよい状態になってきました。
週明けから半ばごろまではお楽しみ頂けることでしょう。

例年ならば10月10日ごろが見頃なので、一週間ほど遅いでしょうか。
その分、長く楽しめるようであってくれると良いと思います。

台風19号の影響の調べが進みましたので、地図を更新しました。
戦場ヶ原の木道は一部通行できるようになりましたが、袋小路になっています。
足を運ばれる際は、十分にご注意ください。
その分、訪れる人は少ないと思いますので、人の少ない静かな戦場ヶ原をお楽しみいただけることでしょう。

こうした情報は、週に一度まとめて、WEBでもご覧いただけるようにしてありますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

奥日光自然情報