早春の青空♪

本日の奥日光は素晴らしい青空が広がっています!

一昨日の雪、今朝の冷え込み、そしてこの青空。

170402_tyuuzennji

170402_nanntai

170402_senjo_muhyou

 

170402_yunoko

写真はいずれも8時頃の撮影ですが、この位の時間だと戦場ヶ原で霧氷が見られる事もあります。

あと1週間ほどで湯ノ湖の氷も割れ砕け、流氷のような景色が見られるかもしれませんね。

挑め!長距離コース!

週末にご依頼のあったツアーは、スノーシューツアーとしても最長10km越えの庵滝ツアー。

IMG_6267
参加者はなんと、10歳の男の子!

170318_ioritaki
見事、ご家族で滝まで到達しました。

今年の天候とこの日の気温で雪が固く締まっていたので、行程の半分くらいはスノーシューを使わずに移動していましたが、それにしても10歳で10kmはお見事。

170318_ezoharuzemi

170318_kogera

170318_saruogase

170318_skovla
時に遊び、時に観察し、興味深げに楽しんでくれていました。

IMG_6164

IMG_6348

IMG_6238

これを機にまた奥日光に、そして自然の中へ出かけてくれたら、ガイド冥利に尽きるというものです。

奥日光は大人でも子供でも楽しめる、そんな場所なんです。

金精道路除雪開始

今日もガイドに出かけていたのですが、その道中で

170316_josetu
金精道路の除雪が行われていました。

170316_konseidouro

湯元のスノーシューコースは、その一部に金精道路を使用する区間があるのですが、その区間は使用不可となりました。

170316_no3

また、源泉から登る急坂も、上部に除雪の雪が落とされ、歩きづらくなっていますので、スノーシューを楽しむ際はご注意ください。

170316_tadenoumi

今年最後のツアーは、3/22の刈込湖ツアーになりそうです。
このツアーはまだ受付中ですので、スノーシュー収めをご一緒にいかがでしょうか?

金精道路の開通は4月25日正午の予定です。

青空と雪景色。

170227_yunoko

今年はガイドのご依頼が多く、なかなか記事を更新する間がありませんでしたが、久々に奥日光の景色をお届けします。

画像は湯ノ湖の湖尻から眺めた湯元方面。
湖の対岸に見える白い斜面が湯元のスキー場、斜面を横に分断しているのが金精道路。金精道路の先には、白く輝く金精山の姿。

ここ最近は暖かい日が続いているので、
170227_konsei

湯元までの道路はほぼ乾燥しているので、安心してお越しください。

とはいえ、標高1300mを越える土地が奥日光なので、
170227_yutakimiti
時にはこんな具合に路面が凍結してしまっている場所もあります。
この場所は湯滝の駐車場へ向かう道。
歩くのも戸惑うほどに、ツルツルに凍結しています。

湯元の中であっても、日陰の時間が続く場所は凍結していたりします。

また、木曜日には雪マークも出ているので、車でお越しの際はスタッドレスタイヤでお越しください。

最近、降雪が無いので、そろそろまた積雪が欲しい所。
晴れた日には晴れた日の美しさがありますが、雪には雪の美しさがあるのです。

KIMG1994

3/3には、こんな景色を見に行くツアーを予定しています。
スノーシューで手軽に奥山の景色を味わえますので、良かったらご一緒に。

奥日光スノーシューツアー

冬のお仕事

ホテルの仕事には色々とあります。
イベントやガイド、料理などの様に表には出ないお仕事、その一端をご紹介しましょう。

金土日と暖かく、雪の降らない日が続きました。
こんな日は、とある作業のチャンスなのです。

その作業とは・・・

1485738421976
屋根の雪下ろし。

日々積る雪は、当然ながら全ての場所に均等に降り注ぎ、積雪は1m近くに達します。
それは玄関前のポーチや、3階の屋根の上も同様に。

チェックアウトからチェックインの間に、これらの雪を下ろしていくのですが、これがなかなかの重労働。

また、日々の除雪の後、駐車場の路面に残って固まった雪を剥がすのもこんな日。
これをしないと、徐々に厚く凍ってしまうのです。

皆様が快適にお過ごし頂ける様、こんな作業が春先まで続くのです。

そこで皆様にお願いが一つ。
安全には十分留意して作業をしておりますが、不測の事態を避けるためにも、作業中の空間には近づかない様お願い致します。
特にお子様は、作業が面白いのか重機の近くに寄ってきてしまう事もありますので、見学は遠くからになさってください。