寒くなりました。

今年の秋は暖かい日が続いていましたが、11月も半ばになって急に冷え込みました。

足元の紅葉の上には霜が降り、

日陰の水たまりでは薄氷が張るように。

こんな風に冷え込んだ朝は、是非湯ノ湖へ足を運んでみてください。

湖水の温度よりも空気が冷え込み、湖から霧が立ち上ります。

きっと、幻想的なひと時に立ち会える事でしょう。

今後、奥日光にお越しの際には、天気予報にご注意ください。
『関東地方北部山岳部雪』というような情報があったら、それは奥日光か那須のどちらか。

特に、関越自動車道沼田ICからのアクセスをご検討の方は、湯元温泉よりも標高の高い金精峠を越える事になります。

そろそろスタッドレスタイヤの準備をしてお越しになられる事をおすすめ致します。

天候や道路状況が不安な際は、ホテルスタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

奥日光湯元温泉 雪まつり開催(1月31日より)

 

第12回全日本氷彫刻奥日光大会

期間:2018年1月31日(水)から氷が溶けるまで(約2週間)
開催場所:日光湯元温泉湖畔ひろば
※1月30日(火)氷彫刻開始
※期間中ライトアップ日没~21:00まで

雪灯里(ゆきあかり)

日本夜景遺産「ライトアップ夜景遺産」認定イベント。約800個ものミニかまくらに灯りをともす雪灯里。

冬の静寂の中に雪と光が織りなす幻想的な世界が広がります。
開催期間:2018年2月9日(金)~15日(木)
開催場所:湯元園地

湯ノ湖湖畔花火大会

開催時間:2018年2月10日(土) 19:30~(予定)
開催場所:湯ノ湖湖畔
※天候等の理由により日程が変更になる場合がございます。

湯巡り手形【宿泊者限定】

開催期間:2018年1月1日(月)~3月31日(土)
雪まつり開催中に湯元温泉の参加施設へご宿泊の方限定で、無料で3か所のご入浴をお楽しみいただけます。
問合せ:0288-62-2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合)

 

第17回雪上探検ツアー

日時:2018年2月25日(日)※要申込み
時間:8:30から受付、9:15開会式、9:30スタート
参加費:湯元温泉宿泊者1,000円(大人・子供同額)、宿泊者以外2,000円(大人・子供同額)

他にもイベントが盛りだくさん!

湯元スノーシューコース開放

本日、ビジターセンターや博物館などと共同で、スノーシューコースのリボン付けに行ってきました。

私が担当したのは、小峠コース。

アップダウンはありますが、

道中には冬季限定(夏はルート設定が無い)の湖、蓼ノ湖があり、落葉樹と針葉樹の混ざった明るい森を楽しむことができるルート。

他にも、眺望の素晴らしい

石楠花平コースや、

なだらかな森を抜けた先の金精山が見事な

金精の森コースの3本があり、それぞれに青:小峠、緑:石楠花平、赤:金精の森のリボンを付けてありますので、初めてコースを歩く人でも、迷うことなく歩けます。

ルート概況とマップは、ビジターセンターのサイト上で公開されています。

湯元エリアでは、ビジターセンターと山のレストハウスでスノーシューのレンタルをすることが出来ますので、当ホテルのツアー利用でなくても、冬の奥日光の森をお楽しみ頂けることでしょう。

無論、ガイドのご用命を頂ければ、ただ歩くだけではない楽しみ方もご紹介しますよ。

先日の雪上探検ツアーもお奨めです。

いよいよ冬も本番!

寒さを楽しみましょう!

 

日光湯元ビジターセンター

ネイチャーツアー

戦場・小田代スノーシューツアー

昨日もツアーが入ったため、ご案内に出かけてきました。

行先は、赤沼から森を抜けて

小田代が原を経て

北戦場へ。

写真でもお判りいただけるかと思いますが、このエリアでは下草が見えているので、ルート上以外はまだ遊べません。
(戦場・小田代の特別保護地区内は、冬期も歩道外の立ち入り禁止です。)

が、道中では

動物の足跡などを見つけて、推理ゲームを楽しんだり、雪の色々をご説明しました。

普段は登山がご趣味の様ですが、「いやぁ、勉強になりました。楽しかったです。」とのご感想。

通常は、事前にコースや開始・終了時刻の打ち合わせをしてからツアーのスケジュールを組むのですが、たまたまガイド担当者不在の折のご予約だったので、当日ご到着後の打合せ、出発となりました。

おかげ様で、2月のガイドスケジュールは次々と埋まってきております。
また、1月の半ば以降は担当者の使用にて不在の期間が発生してしまいます。
ツアーをご検討の方は、スケジュールカレンダーをご確認の上、早目にお問合せ下さい。

ネイチャーツアーのお問合せ